なんてたってジョニー

茅ヶ崎のゆとりがコカコーラ片手に

おめでとう、39年!

 

どうもこんにちは。

 

本日、6月25日は私が敬愛してやまないサザンオールスターズの39回目のデビュー記念日でございます。

桑田さん、原さん、関口さん、松田さん、毛ガニさん、おめでとうございます!!!

 

39年ってすごいですよね、私の生涯でこんなに続くことってあるのかしら。

新曲が出るたびにワクワクさせてもらってます。いいね、サザン。カッコいいおじさん、おばさんだよ。

 

私がサザンを聞きはじめたのは中学のこと。

当時、吹奏楽部員だった私は、部活帰りに何人かでつるんで公園でだべって帰るのが習慣だったの。

先輩の愚痴、指揮者の愚痴、くだらないことなんかをずっとダラダラと話す時間が最高に楽しかった。

吹奏楽部の割に男子の人数が多く、いつも男子が4人に女子が4人くらいがただただ公園でくだらないことを話すだけ。

 

その中の1人にサザン好きな奴がいて、公園でのBGMがずっとサザンだった。自然と覚えて、自然とカラオケで歌うようになって、自然と体に染み付いて、自然と中学青春時代の記憶の残り香になってしまった。

だから、桑田さんの作るサザンの音楽が好きだというのもあるけど、そこに香る中学時代の懐かしい想い出も好きなのだね。

 

f:id:sascoca:20170625210003j:image

 

初めてラジオを投稿し始めたのは桑田さんのラジオ『やさしい夜遊び』で、この写真は初めて採用されて記念に送られて来たもの。今もすごく大切にとってあるねぇ。

あとは、いつかのゴールデンウィークの特番「はげしい夜遊び」でもリクエストが読まれたのもいい思い出ね。

 

中学青春の思い出からサザンの記憶、そこからラジオの楽しさ、今の私の好きが連鎖して行く。

 

きっと、この先も桑田さんの音楽が連鎖を続ける私の好き。

次のアルバムはどんな連鎖を見せてくれるのか。今からワクワク。

 

これからも元気で頑張ってください!

おめでとう、39年!

 

では、こりゃまた失礼いたしました。