本、映画、演劇、美術、テレビドラマにラジオといろんな文化に触れたい好奇心。茅ヶ崎の海辺からコカコーラ片手にぱーぱーお喋りしています。しばらくおつきあいのほど願ってまいります。

AM1:00-3:00

茅ヶ崎のゆとりがコカコーラ片手にラジオのような独り語り

雨の中、バスに運ばれ、バスに抜かれ

 

どうもこんばんは。

 

梅雨の合間の晴れ間はとにかくかんかん照り。                                

毎日134号線を自転車で走る私にとって、これはとにかく暑い。

防風林の隙間から吹く風の冷たさが陽射しの熱を受けた皮膚に心地いい。

それでもアスファルトが下から襲ってくる熱には敵わない。

それでも夏が来るというのは毎年のことながら嬉しい。

 

雨の日は靴が濡れるのが嫌なので、ビーサン履いて、電車に乗って職場に向かう。

雨の中をピタピタと歩くのは楽しい。濡れてもいいと思うから、思いっきり歩ける。足元から夏を先取りする。

 

いつだったか先日。駅から我が家に帰ろうと思うも、外は梅雨の中。歩いて帰るのは億劫なので、バスを使うことに。いつもはうちのすぐ先で降ろしてくれる150円の市営バスを使うのだけど、時刻表を見ると後15分来ない。お腹が空いて早く帰りたいのと荷物が重いのとで、15分は待ちたくない。となりの神奈中バスの時刻表には、あと5分で我が家方面のバスが出る。乗ったことがないからどこで停まるかも知らない神奈中バスに乗ってみる。心のなかでは「これも経験だ」なんて都合のいいことを言ってみる。

バスは見慣れた街を、狭い路地をぐんぐん行く。雨の中を割いていく。

バスはここを曲がれば、我が家の近くだと言う角を知らん顔して、まだまだ進む。

バスが走る快活さとは裏腹に、私はイライラが停滞していく。

結局、バスは我が家から相当離れたところで私を放り出す。いつもより30円高い180円の運賃を私から奪って。バスから降りれば当然、雨に降られる。重たい袋が掌に食い込む。

小さい傘の中は私と荷物が我先に濡れんとギュウギュウ詰めになる。

いつもより運賃が高いこと、結局はいつもより歩かなきゃいけないこと、雨脚は強くなる一方なこと、いろんなことでイライラが募る。

「都内にケータリングのため、午後の営業はお休みします」

いつも人が入ってんだか、入ってないんだか分かんないようなお洒落な総菜屋の看板。ケータリングってただの出前だろ、なんて毒づく。都内だったら格上のお洒落だと思ってんだろ、なんて悪態つく。

どれもこれもただの八つ当たり。申し訳ないから、今度何か買ってみよう。

ため息も雨に流れる午後。

なんだか15分ですら待てなかったことを後悔する。そんな私の脇を15分待てば乗れていた市営バスが水しぶきを私にぶつけながら、過ぎ去っていった。

 

では、こりゃまた失礼いたしました。