AM1:00-3:00

茅ヶ崎のゆとりがコカコーラ片手にラジオのような独り語り

米が美味しいのはサウナが気持ちいいのと一緒らしい…

 

どうもこんばんは。

 

今日はいよいよ四温でしょうかね。そろそろ「寒」とはお別れしたいな。

外を歩くと桜が咲いてたり咲いてなかったり。花粉が飛んでたり飛んでたり。まあ、私は花粉症じゃないからいいんだけど。

 

仕事がなかったら、コーラ片手にぶらぶら歩いて行きたかった。散歩、いいでしょ。そんな日和でしたね。

 

午後から仕事で、23時ごろ終わって、帰りに茅ヶ崎駅平塚駅の間にあるスーパー銭湯に寄って、露天風呂で「バクモン学園」の最終回見たり、サウナで熱さに堪えながら「月曜から夜ふかし」の心理テストやってみたり、ぼーっとしたり、何か考えたり。お風呂ってのはなかなかいい時間だね。

 

考えてた何かってのは、とりとめのないことをヒュルーっと行き来したりするんで、ここで明るみにするのは、難しいんだな。

ただ、最近全然深く物事を考えてないな、と思ったり。

前は「思考してます、思索してます」なんて偉そうなこと言えるほどのことに脳みそを回してたのか、って言われると口を噤んじゃうんだけどね。

でも、人の考えに触れて、自分の中に落とし込んで、吐き出して、自分のなりの形に変えたり、全然違うものにしたりしてもんな。

 

前は、民主主義への反感から、平等の正義に反駁を試みてみたり、生意気なことしてたもんだね。

こうやって考えてると、自分の中にまだ自分がいることに気づいて、その彼がまた何か言ってくるんだよね。

 

まあ、そんなことでなくてもいいから、何か深く考えるようなことしたいな。

そういう場が欲しいな。読書会とかね。

自分の考えを人にぶつけて、反響を楽しんだり、また悩んだり。

人にぶつけると、意外にもう一人の自分の方が、反響が素直だったりする。

 

他人の反響と自分の中の反響とね、また頭をぐるぐるするんだよね、心地いい。

 

反響を楽しむってのはお風呂と同じかもしれない。

広ければ広い分だけ音の行ったり来たりに落ち着いたり。広く大きいことを思索すればするだけ面白い。

 

お風呂での思索ってのは反響の融合だ。

 

では、こりゃまた失礼いたしました。