AM1:00-3:00

茅ヶ崎のゆとりがコカコーラ片手にラジオのような独り語り

年頭言〜2018年〜

 

どうもこんにちは。

今更ではございますが、明けましておめでとうございます。

 

2017年は私にとってはなかなかに激動の一年となりました。

大学を思い切って辞めて、入った新しい世界。自分ならやっていけるという括ったタカは見事に計算違いで、足を洗って心機一転越してきた地が茅ヶ崎よ。新しい出逢いと世界に魅了され、学生時代の音楽熱が再熱し、新しい仕事に日々を浪費し、いつも脳内あーコリャコリャな毎日。

 

慌ただしく迎えた2018年。

所信表明ではないけれど、ちょっと考えてみましたよ。

だからどうてこたぁないだろうけどね。

 

まず、大きな目標として考えたいテーマがあります。

私は座右の銘じゃないけれど、こんな生き方がしたいってのに

死なずして生きることを辞めたような人生を送らない

ってのがあります。

 

いつだか深夜のデニーズで小説を書いてたんだか、深夜ラジオのネタを考えてたんだかで思いついた言葉。

なんか深みがありそうでしょ。でも、この時はこの言葉の雰囲気だけを気に入って全然深みなんか考えてもみなかった。今になってこの言葉の持つ深みに気づいて、なんだよ今、死んではないけど生きてもないよって当時の自分に聞かせたい。

 

「死なず」ってのは生物学的に息をしていて、心臓が動いていて、血が体を疾走していることを言うのでしょう。

「生きることをやめる」ってのは精神的なものでしょうね。

しかし、ひとえに精神的に生きるって言ったって色々考えようがありますよ。自分のやりたいように生きることなのか、高みを目指して生きるのか、道徳的な生き方なのか、はっきりしませんね。

 

だから、2018年はここで言う「生きる」について考えたいと思います。

確実に日々を垂れ流しているだけの今の生活にはないものです。それを見つけて、次の活路の見出せない現状のヒントにしたい。今後の自分に向き合う契機にしたい。そこから次を始めよう。

そんな思いなわけでございます。

今年の12月31日にはその答えをここに記せるように考えてみます。

 

さて、ちょっと抽象的な内容でしたね。次はもっと具体的な内容に入ります。

 

生活面では、きちんと家計簿をつけて無駄なく金銭管理をし、まずは年内で100万貯めることを目標とする。

あとは時間の管理もしっかりする。毎日やることをTO DOリストにしてやるべきことはしっかり終わらせる。予定の管理は時間の目処を立ててしっかりやる。

 

次に音楽関係。

トランペットは毎月一曲は新曲を下ろす。フルスケール制覇する。ロングトーンタンギング等の基礎を今一度。

ドラムは教則本の上巻を終わらせる。練習ではメトロノームを使う。

芸大和声の上巻を終わらせる。ジャズの理論書の上巻を終わらせてトランペットでのアドリブに応用していく。ピアノを使って音程感覚を養う。

 

あと、映画は月に1本、芝居は2ヶ月に一本、劇場に足を運んで観る。行ったことのない新天地に5箇所は行って一泊してみる。本は年間50冊は読む。このブログは月の1/3の頻度で更新する。習作の文章を偶数月に一作書いてみる。深夜ラジオの投稿を続ける。目指せカーボーイのMー1。

 

欲張ったな、私。

出来るかな…

まぁ、やってみようかね。

 

なるべくここでも報告します。

要らないだろうけどします。するんです。

外に発信していかないとグズグズしちゃうから。ちょっと苦しくらいの生き方をあえてしてみます。

何に対してどう向き合うことが私の理想の「生きる」なのか、どうしたら見つかるのか分からないからいろんなことを詰め込んでみるんです。やってみれば、なにをそんなに焦って探しているのかわかるでしょう、見えるでしょう。見えなくても、消去法で消せる選択肢がひとつ見つかるんです。それだけでも成果かもしれないし。今年を過ごしてみてまた一年後考えてみよう。

 

あと大切なことは今年私は本厄の数え年で25歳です。

お祓いとか行っといたほうがいいのかな…

 

では、こりゃまた失礼いたしました。