なんてたってジョニー

茅ヶ崎のゆとりがコカコーラ片手に

10月からの新ドラマ

 

 どうもこんにちは。

 

もう10月も半ばに差しかかろうとしてるな。

昨日、布団の中で瞼を閉じるまでは6月だったのに。

 

秋クールのテレビドラマが始まる。

前クールはサブカルちっくなドラマがサブカルを中心に書くことをうまい具合に成立させたドラマ(「下北沢ダイハード」「ハロー張りねずみ」)がキラリと光るクールだった一方、ベテラン脚本家による安定した作品がちょっと期待はずれな感じだった。 

 

今クールはなんてったって…アイドル、もとい、キョンキョン

そう、「監獄のお姫さま」

クドカン×キョンキョン×TBSという、おそらく「マンハッタンラブストーリー」以来のタッグ。

クドカンが書くおばさん群像劇の期待に胸が高まるね。

周りを固めるのは森下愛子さん、満島ひかりさん、塚本高史さん、猫背椿さんとクドカン作品お馴染みの面子に加えて、菅野美穂さん、坂井真紀さん、夏帆さんと新しい座員も登場。

キャスティングだけでもワクワクだね。

 

もう2話まで放送中だけど、綾瀬はるかさん主演「奥様は取り扱い注意」

主婦版「三匹のおっさん」的な爽快勧善懲悪コメディー。

綾瀬はるかさん、広末涼子さん、本田翼さんの3人のキャラは定石どうり、王道の設定。

秘密多き綾瀬はるかさんと、その夫役西島秀俊さんとの今後の関係とか分かりやすい伏線で安定した感じ。

こういうのいいよね。

奇をてらわないドラマが1クールに1本は欲しいかなと思う。

サブエピソードに3人の主婦の「取り戻せ!旦那との熱い夜!」的なエピソードが添えられてるのにニンマリ。

 

もう水戸黄門になるじゃないかというくらい定番になった医療ドラマ「ドクターX」

 米倉涼子さんの代表作になっちゃったね。

「私、失敗しないんで」というお決まりのセリフ通り、絶対にオペで失敗しないんで主人公の自信と一匹狼を貫く格好良さは見てて爽快。

権威に取り巻く医師たちの人間模様に今回は大きな動きがあるのかな…?

シリーズもここまでくると大門だけでなく、お馴染みの先生たちのキャラが定着しているからやりとりや小ネタに安心して笑えるのもいいね。

 

まさに時勢を斬ったかのようなサスペンス「ブラックリベンジ」

世相を意識しすぎかな。

こういうのは派手だけど、中身は無難だったりするよね。

ここまで2話放送されてて、近年の行きすぎたマスコミ批判的なのはあまり感じず。

「復讐に燃える女の過去」的なサスペンスにとどまるのかな?

DAIGOや鈴木砂羽さんの伏線めいた演出への期待が過度すぎないといいんだけどね。

 

まぁ、今の所はざっとこんなんですかね。

まだ面白そうなのはあるんで、機会があれば。

 

では、こりゃまた失礼いたしました。