なんてたってジョニー

茅ヶ崎のゆとりがコカコーラ片手に

夏の終わりはどこ

 

どうもこんばんは。

 

どうしても今晩中に書いておきたくて、本日2本目。

 

今日が8月31日で夏が終わるんだ。

暑いから夏なのか、8月だから夏なのか。

それでも、9月になったら夏じゃなくなる。

今まで、夏だって言われてきた暑さは「残暑」なんて呼ばれて情けなくなる。

なんだよ、ざんしょって(笑)

藤子不二雄の漫画に語尾に「〜ざんしょ」って付けるキャラクターがいそうだね。

 

夏の終わりがもつ、この叙情的な雰囲気はズルイやね。

失恋したわけでもないのに、切ないよね。

 

こういう気分を歌詞にするのがすごく上手いのが桑田さん。

例えば、

 

やがて二人だまって

つれなくなって

心変わって

愛は何故?

海啼く闇の真ん中で

月はおぼろ

はるか遠く

秋が目醒めた

 

これはきっと桑田さんのソロワークスの中で一番のヒット曲『波乗りジョニー』からですね。

 

他には、

 

誰かが落とした

麦藁帽子が 

波にさらわれて

夏が終わる

『あなただけを ~Summer Heartbreak~』

ビート・ポップに酔わされた 

わりとシックな秋の頃 

Surfbreakの波が生まれて消えた 

だからもう……

『可愛いミーナ』

 

中でも私が一番好きなのが、

 

波音は情事のゴスペル 

あの夏よいずこへ 

酔いざめのヌードで今 

誰かに抱かれてる

『Bye Bye My Love』

 

これは桑田さんが書いた歌詞の中でも一番好きなの。

 

 特に今年の夏はRIJF2017に始まり、「がらくた」リリース。

メディアにも引っ張りだこだった桑田さん。

最高の夏を最高の形で演出してくれたよ。

 

f:id:sascoca:20170831221624j:image

桑田さん表紙の雑誌たち。

買ったはいいがページをめくれない。

読みきっちゃったらこの夏が終わる気がしてね。

 

明日、9月になって本当に夏が終わったら、私の夏も終わりにさせるよ。

 

とか言いながら、夕飯に秋刀魚の炊き込みご飯を炊いてるなんてのはどういうわけだかね…

 

では、こりゃまた失礼いたしました。