本、映画、演劇、美術、テレビドラマにラジオといろんな文化に触れたい好奇心。茅ヶ崎の海辺からコカコーラ片手にぱーぱーお喋りしています。しばらくおつきあいのほど願ってまいります。

AM1:00-3:00

茅ヶ崎のゆとりがコカコーラ片手にラジオのような独り語り

随筆調の駄文

桜桃忌

どうもこんばんは。 中学生の夏、初めて太宰治を手に取った。数ページ読んで閉じた。何が何だかわからない。彼は何に失格したのだろうか。 高3の夏。2年付き合った彼女と別れた。人生100年の2年ならば、さほどでもないが、高校生活3年の2年は大きい。私はす…

雨の中、バスに運ばれ、バスに抜かれ

どうもこんばんは。 梅雨の合間の晴れ間はとにかくかんかん照り。 毎日134号線を自転車で走る私にとって、これはとにかく暑い。 防風林の隙間から吹く風の冷たさが陽射しの熱を受けた皮膚に心地いい。 それでもアスファルトが下から襲ってくる熱には敵わない…

美味しいが言えない想像力

どうもこんばんは。 いきなりだが、私は後輩として可愛くないのだろうと思う。 自分でも、後輩と言うよりは先輩気質であるなと思っている。 目上の人にご飯をご馳走になる。出てきた料理を一口食べて、「美味しい」と言えば後輩として可愛いものを、素直にそ…

厄介な重役気取り

どうもこんにちは。 平成が終わって令和になっても、生活は変わらない。陽射しが夏に近づくくらいか。 どだい、平成に生まれた私にとっては、平成で生きることが全てで、といっても大袈裟か。 元号を発表した官房長官を「令和おじさん」って呼ぶらしい。 久…

春と余裕

どうもこんばんは。 すっかり春だ。 海沿いを自転車で出勤していると、温かいを超えて暑くなる。夜だって生暖かい空気の湿り気風を切りながら自転車で走るのは気持ちがいい。誰も追いついてこれないところを行くような快さ。花粉で苦しんでいる人たちにはお…

相模から湘南ナンバーへ

どうもこんばんは。 いきなり関係ないことだけど、常識はずれなことを「でいいの」という語尾で言い切ると、たちまち欽ちゃんっぽくなって説得力が増す。 歯磨きはリンゴ酢でするといいの。 バスはお金払わなくてもいいの。 金太郎は鉞じゃなくて三線を持つ…

さながら救命病棟24時

どうもおはようございます。 昨晩、仕事中に不注意から右目に原液の漂白剤をそこそこの量を浴びてしまった。 一瞬、右目が熱くなり、びっくりする。急いで、水道水で洗い流すものの20分経っても痛みはいっこうに引く気配がない。蛇口のホースを伸ばして、逆…

京葉線の車窓から未来像

どうもこんにちは。 休みの日を使って、幕張メッセで開催中のイベントへ。全国の生産者が集まる飲食業界人に向けたもの。こんなににわか料理人をやっていても、こういうことに読書時間を潰してでも足を運ぶのはどういうことか。仕事な一面も当然あるが、それ…

コーヒーを冷ます時間が有意義かどうか、を考えるのは有意義ではないかな…

どうもこんにちは。 人生を有意義に過ごす方法。 そんなものはないか。あったら教えて欲しい。 何をもって有意義というものか。有意義だからどうだというものか。 ただ、週に1度か2度ばかり、美味しいコーヒーを淹れてくれて、ボケーっとしてても、うたた寝…

どぉぉーーんっと2連休、早稲田大学文化構想学部日本史

どうもこんばんは。 「どぉぉーーん!」と人差し指を突きつけ、人の弱さを見せつける。大きな口に規則正しく並ぶ白い歯を見せつけるようにニンマリ笑う大男のセールスマン、喪黒福造。 欲や見栄に惑溺した人の望みを叶えてやる代わりに、いくらか諫言し、そ…

ミュージカルの勝手な持論 〜メリーポピンズリターズ〜

どうもこんばんは。 先日、レイトショーで「メリーポピンズ リターンズ」を観る。 ミュージカルは脳みそをぽかーんと空っぽにしていれば、自然とウキウキして、ワクワクして、心踊らしてくれる。変に硬くなって芸術性の高い映画を観るよりもいい時もある。 …

面白いこと、自分の中で、共鳴して

どうもこんにちは。 2019年が始まり、もう半月。これがあと11回しかないと思うと、人生は本当に短いもんだなんてへんにしみじみしてしまう。 そんな時間があるなら、動いたほうがよくないか?と、いう合理主義的な自分とそのしみじみに浸りたい感傷的な自分…

2018年締め

どうもこんにちは。 いつからか大晦日もなんでもない日になってしまった。それは私が家元を離れて、一人で生活するから年末らしいことをしなくなったこともあるだろう。でも、それ以上に街全体がなんだか年末を掠れさせてる雰囲気があるようにも感じる。 ク…

藤沢奇譚

どうもこんばんは。 もう何ヶ月も自転車通勤だったせいで、久しぶりに藤沢駅でJRから小田急に乗り換えると、階段に大きく「乗り換え口、出口ではありません」の文字。 ちょっとだけ使わないだけで、ちょっとだけ知らない光景に変わっていて、ほーっと息をつ…

日テレドラマ「獣になれない私たち」

どうもこんばんは。 最近の寒さは気まぐれだろうと思ってたら、そうでもないようで、いよいよ寒さが本腰入れてきた。自転車で通勤する身としてはなかなかしんどいね。 帰り道、寒さに耐えかねて途中で24時間のファーストフード店でコーヒー飲みながら、これ…

落語の話に流れ着いた噺

どうもこんばんは。 急にめっきり寒くなって何事かと思う。 ほんの数日前まで暖かかったのが嘘のように寒い。 寒いなぁと思ったところで何も変わるわけではないけどね。 一気に年末ムードを漂わせた街はなんとなく歩きづらい。 「平成最期の」に踊らされたく…

太田さん、顔が白いからジョーカーなの…かな?

どうもこんばんは。 やっと12月だ。それもようやく1/3が終わろうとしている。2018年もやっとこさ終わる。 というのは、この時期になると、巷で聞かれる「もう今年もあと1か月だね。今年も早かったね」という決まり文句に対するちょっとした抗い。 抗う必要が…

カたチにナらナい

どうもこんばんは。 江ノ島からの仕事帰りに、海沿いのマックに寄って書く習慣が徐々に定着してきたので、日付をまたぐギリギリくらいでの更新に落ち着きつつある。 まあ、仕事前に書けばいいんだけど、これから仕事という時に何かを書こうなんて気にサラサ…

無計画を計画するのもまた一興

どうもこんにちは。 つくづく自分の行き当たりばったりが嫌んなる話。 学生時代に日本美術の授業で京都に行って以来、仏像鑑賞にはまったわたし。 いま、国立博物館では大報恩寺の作品が並んでいるというので、わたしに感化され仏像にはまった高校時代の友人…

宮殿に書かれる犬は忠誠のモチーフ

どうもこんばんは。 今さっき、神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバル2019に応募する作品を書き終えて、申し込んだところです。 なんとか形になってよかった。 まあ、審査の結果がどうなるかはわからんけどね。 というよりも、私的には結果よりも一つの作…

そういえば

どうもこんばんは。 ひょんな思いつきから、ブログタイトルを変えました。 別に内容がこんなんだから、どんなタイトルでもいいようですが、やはり書く方はどうもそうはいかないようで、やはりここは一つ大好きなラジオにあやかってみようかしらと、深夜ラジ…

下北散歩と妄想の螺旋

どうもこんにちは。 斉藤和義さんの「ずっと好きだった」という曲はちょっと染み入るような始まり方をする。 この街を歩けば 蘇る16才 この曲の冒頭は私の中の下北沢の街に重なる。 私の記憶の中だと下北沢によく通ったのは高校卒業して大学入学以降だから、…

長らくぶり

どうもこんにちは。 本当に長らくぶりに書きます。 別に何ってことがあって書かなかった訳でもないんですが、3ヶ月ぐらい書いてないんですね。 よし書こうっていくらか書いてみたところで、なんかに気が散って手が止まったが最後、それっきり下書きに入って…

まだ一年、もう一年、なんせ一年、揺蕩う一年、要するに一年

どうもこんにちは。 今日でここ茅ヶ崎に越してきてまる一年。 一年前の今日は日差しが 突き刺さるように暑く、ジメッたい風がうざったい日だったな。 高校の同級生3人に手伝いをお願いし、当時居候していた祖母んちからレンタカーしてした軽トラに荷物を乗せ…

いい街です

どうもこんにちは。 茅ヶ崎に越してきてもうじき一年。 いい街です。それだけを言いたくてした更新ですが、流石にそんな身もふたもない内容じゃ、時間を割いてくださる皆さんに失礼なので、もう少し何か考えます。 仕事帰りに茅ヶ崎の一歩手前で途中下車して…

夏日、真夏日、猛暑日に新定義

どうもこんにちは。 暑い日が続く今日この頃ですね。もうこの季節かと一年の早さを感じちゃう。大晦日も今年も早かったなと、思うけど、それ以上に夏の方が繰り返されてる感じがする。 気象庁によると、夏日ってのは「25℃以上の日」、真夏日ってのは「30…

五月だからって、なんでもない

どうもこんにちは。 よく季節の分からない時分だ。 5月ってこんなに夏らしい季節だっけか?もっとこう、爽やかさとか爽快感がみなぎらなかったっけか? でも、GWって毎年同じことを思う気がする。毎年、このじっとりとした夏の気候に首を傾げている。今とお…

『夏の入り口、模様の出口』 川上未映子

どうもこんにちは。 昨晩からの雨が上がって空はすっかり夏模様。夏の入り口のような空。心地いい。 特に雨上がりというのがいい。同じ晴れでも雨上がりだとその爽快感もひとしおだ。スイカの食塩。ケーキのコーヒー。夏の晴天に雨。そういうことかな。 普段…

轍の茅ヶ崎、王子様の相模大野

どうもこんばんは。 昨日は母校の高校の吹奏楽部の定期演奏会で久しぶりの地元相模大野に。 厳密に言うと、私の実家の最寄りは小田急相模原駅なんで一つ隣なんだけど、よく自転車で遊びに行ってたから、まあ、地元と言って問題はないでしょうね。 相模大野は…

なんだって無駄。みーんな無駄。

どうもこんにちは。 最近、自分が将来的にやりたいお店について空想していて行き着いてしまったことがある。 世の中無駄しかないのだ。 という実に身もふたもない考えだ。 これにたどり着くまでの軌跡を辿ってみるとこうだ。 飲食店って結局あってもなくても…